2020年3月29日 受難節(レント) 第5主日礼拝

ヨハネによる福音書6章66~71節

説 教   「あなたはどうする?」    坐間豊牧師


ヨハネによる福音書6章66~71

 

 

6:66 このために、弟子たちの多くが離れ去り、もはやイエスと共に歩まなくなった。

6:67 そこで、イエスは十二人に、「あなたがたも離れて行きたいか」と言われた。

6:68 シモン・ペトロが答えた。「主よ、わたしたちはだれのところへ行きましょうか。あなたは永遠の命の言葉を持っておられます。

6:69 あなたこそ神の聖者であると、わたしたちは信じ、また知っています。」

6:70 すると、イエスは言われた。「あなたがた十二人は、わたしが選んだのではないか。ところが、その中の一人は悪魔だ。」

6:71 イスカリオテのシモンの子ユダのことを言われたのである。このユダは、十二人の一人でありながら、イエスを裏切ろうとしていた。

 


十二使徒教会の礼拝に出席の皆さまへお知らせとお願い


                新型コロナウイルス感染症に対して

 

主の聖名を賛美します。

昨今の新型コロナウイルス感染症の影響については、すでに各種の報道によって深刻の度が増しつつあることが

知らされています。行政機関からの情報に加えて、教団・教区からも注意文書が出されています。

特に、北海道・札幌での事態は看過できない状況にあると考えられます。

そこで、十二使徒教会として、皆様に以下の点を留意いただきたく、お知らせしますので、慎重かつ賢明な対応を

お願いいたします

1礼拝出席を控える:ご年配の方々、小さなお子さん、体調・体力が万全でない方々

をはじめ、教会へ来るのにバス・地下鉄等を交通機関の利用で感染リスクのある方々、

また、感染への不安をお持ちの方々

 (2)礼拝へ出席しないことを、後ろめたく思わない、消極的・否定的にならない。

3それぞれが礼拝の時を守る:自宅で当日の聖書箇所

や「黙想」を利用して。*下記参照

 (4)礼拝に通常どおり来られる場合は、各自でマスクを用意し着用する。

    礼拝そのものを中止するわけではありませんが、聖餐式は中止し、礼拝順序も短縮40分程度)。

   礼拝後の食事も中止。礼拝終了後はどなたもすみやかにお帰りください。

ただし、今後の動向を見て、改めてお知らせします。

いずれにしても、この際お一人お一人が真の礼拝者(ヨハネ4:7-26)である信仰に立ってこの事態に臨み、

時あたかも「受難節」に入って主イエス様の使命と受難を深く心に留めるときですから、動揺せず、慎重かつ賢明に

対処していただければ、と願います。

各地で感染して治療をお受けになり、あるいは残念ながらお亡くなりになられた方々を覚えて祈ります。

早期に事態が収拾し、対応にあたられる方々とその働きが守られますように。

 

                               2020228  十二使徒教会 牧師 坐間 豊


 


2019年度の標語と聖句

標語「イエス様が信仰と生活の土台」

聖句「あなた方はキリスト・イエスに結ばれて、神に対して生きている」   ローマの信徒への手紙6章11節


十二使徒教会は、日本キリスト教団に属する創立40年の教会です。

毎週日曜日10:30からの礼拝は どなたでもお越しいただけます。

 

聖書の教えに忠実に従うプロテスタントの教会ですので、安心して聖書のことを学んでいただけます。

 

教会の前には 月寒公園があり四季を通して自然が楽しめる憩いの場として親しまれています。

 






 

わたしたちの教会は ”統一教会(原理運動)” ”ものみの塔(エホバの証人)” ”モルモン教”とは一切関係ありません。